大人ニキビとホルモンの深〜い関係

大人ニキビとホルモンの深〜い関係

皮脂の過剰な分泌が原因でできる大人ニキビ。皮脂量に深くかかわっているのが、ホルモンです。思春期のニキビが成長ホルモンと関連があるのに対して、大人ニキビでは性ホルモン、いわゆる男性ホルモンや女性ホルモンの分泌量が問題になります。男性ホルモンは皮脂を多く分泌させる働きがあります。ストレスによって分泌量が増えるので、ストレスがたまるとニキビができる人は、男性ホルモンが原因かもしれません。男性ホルモンは、肌の角質化を促進する作用もあるので、毛穴が詰まりやすく、さらにニキビができやすくなります。男性ホルモンは、女性にも分泌されます。肌がゴワゴワして皮脂量が多い人は、男性ホルモンの分泌が多い可能性があります。女性ホルモンにも、皮脂の分泌を促す作用があります。特に黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増えると皮脂が増えます。黄体ホルモンは、生理周期に分泌量が左右され、排卵後から生理までに期間が多い時期です。生理前になると肌がベタつく、肌荒れやニキビに悩む女性は多いでしょう。ふだんからホルモンバランスを整えるよう、規則正しい生活やストレス解消をこころがけることが大切です。しかし生理周期などがあり、ホルモンバランスを完全にコントロールするのは不可能です。スキンケアといった対策も同時に必要でしょう。